EIKOの取組み 副校長相談室、
いじめ・暴力ゼロ宣言

副校長相談室、いじめ・暴力ゼロ宣言

学校の第一義は「学びの場」
だから、いじめ・暴力は
絶対に許さない
安心で安全な学習環境

「いじめ・暴力ゼロ」宣言

 学習する上で何よりも大切なことは、安心で安全な学習環境があること。水戸英宏中学校は、教職員・生徒・保護者が一丸となって「いじめ・暴力ゼロ」に取り組んでいます。
 いじめの形態として、身体的ないじめ(殴る、蹴る、ぶつかる、物で叩くなど)と、精神的ないじめ(仲間はずれ、無視、陰口、嫌なことを強要するなど)が挙げられます。特に最近はネット上での書き込みやいやがらせなど、なかなか見えにくく手の込んだいじめも多くなっています。
 いじめかどうかの判断は、表面的・形式的なものではなく、いじめを受けたという生徒の立場に立って状況を理解することが必要です。加害者側が「ふざけていただけ」「からかっていただけ」「冗談」のつもりでも、受け手の側で「いじめられた」と認識している場合があります。生徒たちをより良く導くために、状況を複数の視点から把握・考察することが大切です。
 いじめやそれに類する行為を未然に防止し、または初期段階で把握して速やかに解決するために、担任・副担任・その他の教職員からの積極的な声かけや、いじめ防止のための月例アンケート実施に取り組んでいます。平常でない状況が窺える場合には、家庭との連絡や教職員間での連絡を密に取り、組織的に対応します。そして、生徒が抱えている悩みや不安を早期に解消し、望ましい人間関係を築けるよう、全力でサポートします。

さとうまさゆき副校長相談室

さとうまさゆき副校長
相談室

 子どもたちは、成長の過程においてさまざまな課題に直面し、悩み、考えることで、人として大きく成長していきます。その中で、ときには物事がうまくいかずにコンプレックスを抱いたり、身近にいる親や友人にもなかなか話せない悩みや不安を抱えることがあります。子どもたちが安心してまっすぐに学習に向かえるよう、副校長が生徒全員と面談し、学習・進路・生活に関するさまざまな相談・解決をおこなっています。

スクールカウンセラー

 思春期は心身ともに大きく成長する時期であり、心のケアは欠かせません。豊富な相談経験をもつスクールカウンセラーが、生徒・保護者の悩みに親身に対応します。発達上の課題への理解を促したり、良好な人間関係を築いたり、ストレスを適切にマネジメントするお手伝いをします。

きめ細かな生活指導

 目標に「進学重視型教育」を掲げていますが、勉強だけを重視する学校ではありません。日常生活の規律を重視し、言葉遣いや礼儀作法、品位とマナーを身につけた人格形成を目指します。また、学校と保護者が緊密に協力して、生徒ひとりひとりの健康状態・心理状態を把握し、安心して充実した学校生活が送れるよう、きめ細かな指導をします。

副担任制度

 全クラスに副担任を配置しています。担任と協力しながらホームルームを運営したり、副担任ならではの視点から生徒ひとりひとりに対して学習アドバイスや心理的サポートを提供しています。