EIKO発21世紀型教育への挑戦

グローバル人材の育成
英語教育の充実

グローバル社会のリーダーの育成

 「SDGs(接続可能な開発目標)」とは、2015年に国連で採択された国際目標で、2030年度までの到達目標です。
 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。「SDGs」は発展途上国のみならず、先進国でも取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、本校でも「探求学習」として積極的に取り組んでいます。

世界を変えるための17の目標イメージ

    国際理解教育の取り組み

     急速に拡大、変容していくグローバル社会で活躍する人材の育成は、本校での重要な教育目的の一つです。世界を正しく理解し、それぞれの状況や環境にも柔軟に対応できるように、オーストラリア姉妹校との海外語学研修や、ワールドキャラバン、JICA訪問など様々な活動を実践しています。そして、国際理解の基礎となる語学力を養成するために、公立中学校よりも多くの英語の授業を行い、英検やTOEIC Bridge®などの検定試験受験を推奨しています。英検では対策講座も実施しながら、卒業までに準2級・2級の取得を目指しています。

  • テーブルマナー講習会

    東京グローバルゲートウェイ研修
  • JICA訪問

    海外研修旅行(2年次)
  • ワールドキャラバン

    海外語学研修(希望者)