進学重視型教育

かなえたい夢がある
ゆずれない進路目標がある
難関高校合格に向けた「進学重視型教育」

水戸英宏中学校 副校長 佐藤 雅之

水戸英宏中学校 副校長 佐藤 雅之

挑戦からはじまる人間形成
人間力の育成とひとりひとりの進路目標実現

 本校は開校以来「進学重視型教育」を推進し、3年間の特色あるカリキュラムのもと徹底した学習指導を展開しています。これまで多数の生徒が開成・慶應・早稲田など首都圏の難関高校や水戸第一・土浦第一など県内トップレベルの高校へ進学し、卒業後は東京大学・京都大学や国公私立大学医学部への現役合格を果たしています。
 難関大学・医学部への合格にはよい学習習慣の確立と基礎学力の定着が欠かせません。その基本となるのがよい生活習慣の形成。ルールやマナーを尊重し、何事にも全力で取り組む姿勢を育成します。
 子どもたちは可能性のかたまりです。高い目標に向けて全力で挑戦するプロセスを通して、人として大きく成長することができます。私たちはひとりひとりの成長と進路目標実現に向けて、全力でサポートします。

EIKOの進学プロセス

高校入試対策に特化した
カリキュラム

 主要5教科は公立中学校と比べて多くの授業時間を配当し、中学校3年間での学習内容を2年次終了(教科によって3年次1学期)までに学習します(第1ステージ)。その後の1年間は総復習と応用問題演習に充てることで、理解度や知識の定着度を上げ、難関高校合格に向けた応用力育成を図ります(第2ステージ)。

高校入試対策に特化したカリキュラム

弱点は早期に克服~WT・MTと到達度教育~

弱点は早期に克服 ~WT・MTと到達度教育~

 授業担当者は、年度初めに学習進度を生徒に示し、スモールステップで各テストの出題範囲を設定します。そのため、ウィークリーテスト(WT;国・数・英)、マンスリーテスト(MT;理・社)では、出題範囲の学習事項についてどのくらい定着・理解できたかを確認することができます。テスト結果が到達目標点に届かない生徒には、授業担当者が責任をもって徹底指導します。

1年次から高校受験を意識~学期末総合テスト、学年末総合テスト~

 入試本番では既習事項すべてが試験範囲になります。広範囲にわたる出題にも対応できる力をつけるため、学期末・学年末には入試本番を想定した広範囲でのテストを実施し、実力を把握します。

ひとりひとりに合わせた学習~充実したゼミナール(課外)・個別指導~

ひとりひとりに合わせた学習 ~充実したゼミナール(課外)・個別指導~

 基礎基本の確認・定着や各種検定対策、高校入試対策など、生徒それぞれの学習目標・習熟状況に応じた内容を用意。個別指導にも配慮し、ひとりひとりがしっかりと理解できるよう親身に指導します。

  • 朝自習(8:00~8:30)
  • 朝の読書(8:40~8:50)
  • 英単語テスト(毎週火曜日)
  • 計算テスト(毎週水曜日)
  • 漢字テスト(毎週木曜日)
  • 作文テスト(毎週土曜日)
  • EIKOタイム(自学自習・個別指導)
  • 夏期・冬期・春期ゼミナール
    (夏期3週間・冬期1週間・春期1週間)
  • 学習会(3年生・夏期1週間)
  • 受験対策講座(3年生・夏期1週間)
  • 外部模試対策ゼミナール
  • 英検対策ゼミナール(受検級別;筆記・面接)
  • TOEIC Bridge® 対策ゼミナール

学習状況の客観的な把握~全国模試~

 1年次より全国模試を実施。客観的なデータで実力を把握し、志望校への合格を目指します。

[主な模擬試験]
  • Z会総合学力診断
  • 駿台模試
  • 私学テスト
  • Z会アドバンストテスト
  • チャレンジ模試
  • 新教研テスト
  • 私立Vもぎ
  • 県立入試そっくり模試 など

上位級に向けてステップアップ~各種検定試験~

 資格取得として、また基礎学力の確認として、各種検定の受検を奨励しています。

  • 日本漢字能力検定試験(年3回)
  • TOEIC Bridge®(年2回)
  • 実用英語技能検定(年3回)
  • 算数・数学思考力検定(年1回)
  • 実用数学技能検定(年1回)
  • 文章読解・作成能力検定(年1回)
  • 算数オリンピック(年1回)
  • 日本語検定(年1回)