水戸英宏中学校 校長 田中 久美子

学校法人緑丘学園 理事長
水戸英宏愛宕・平須幼稚園 園長
水戸英宏小学校・中学校 校長
田中 久美子

EIKO発
21世紀型教育への挑戦

グローバル社会のリーダーの育成

 学校法人緑丘学園は、水戸英宏愛宕幼稚園・水戸英宏平須幼稚園・水戸英宏小学校・水戸英宏中学校を統括する総合学園です。1955年の愛宕幼稚園設立以来、60余年にわたり地域社会と共に歩み続けてまいりました。
 3歳から15歳にかけては人格形成の基礎となる大切な時期です。本学園は、幼稚園・小学校・中学校のそれぞれの発達段階にあわせた学校教育活動を展開しています。小学校入学者は、「高度なことを 楽しく 確実に」を合い言葉に、義務教育9年間の一貫カリキュラムを通して、学習面・生活面それぞれにおける基礎・基本の定着と応用力の伸長を図ります。また中学校入学者は、「進学重視型教育」の徹底を図るとともに、思考力・判断力・プレゼンテーション力など「21世紀型スキル」の習得を目指します。
 社会のグローバル化がますます進む中で、国際感覚を身につけ、リーダーとしての資質を備えた人材の育成に努めてまいります。

校名の由来

「英」生徒の優れた才能、資質「宏」ひろく、大きく

児童・生徒の優れた才能・資質を
ひろく大きく伸ばして
国際社会の中で中心となって活躍する人材を
育成していくという願いからつけられました。

校訓

  • 英知

    優れた知恵、高い知性を身につける。

  • 創造

    新しいものを自分の考えで創り出す。

  • 感謝

    感謝する心を大切にする。

  • 友愛

    協力しあい、共に伸びる。

  • 勇気

    勇気を持って物事に挑戦する。

教育理念・方針・目標・実践

  • 理念

    知の創造者たれ

  • 方針

    ひとりひとりの創造力と個性を大切にした教育を展開し、
    幅広い教養と高邁な識見を備え国際社会の中でリーダーとして
    活躍できる人材を育成する。

  • 目標
    1. 学習指導を充実させて児童・生徒の学力向上を図り、個々に応じた進路指導を推進する。
    2. 国際理解を深め、世界的視野の育成と国際感覚の涵養に努める。
    3. 基本的生活習慣の確立と自主的・自律的生活態度の伸長を図る。
    4. 自他の生命を尊重し、他人を思いやる心を育む。
  • 実践

    「ひとりひとりを大切に
    質の高い教育を実践する」

スクールモットー

  • 「高い学力の養成」「豊かな人格形成」

学校沿革

2004年 4月 開校
2005年 11月 ウィーン・プラハ修学旅行実施
以降、毎年11月を基本として修学旅行を実施
2006年 3月 イギリス語学研修実施
以降、毎年夏季休業中を基本として海外語学研修を実施
[訪問国]イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア
2009年 5月 オーストラリア・ヴィクトリア州のUPWEY High Schoolと姉妹校締結
7月 京都・奈良国内研修実施
以降、毎年7月を基本として国内研修を実施
[訪問先]京都・奈良、長崎・佐賀・福岡、沖縄、大阪・神戸、広島・萩・下関・門司
2012年 4月 特別教室棟竣工
4月 小中一貫連携型教育を推進するため
水戸英宏小学校を開校
11月 修学旅行での訪問先をドイツに変更
12月 コンピュータ室改装工事完了
2016年 4月 グローバルコースを設置
9月 校内無線LAN整備完了
2017年 3月 修学旅行での訪問先をハワイに変更
5月 体育館竣工